2010年07月12日

吹屋歴史街道マラニック@

やっと吹屋歴史街道マラニックの完走記のアップです。
10日遅れかな?
まー色々忙しかったり、モロモロありまして・・・

@:序章〜ウルトラマラニック編です。

7/4(日)吹屋歴史街道マラニック20Km、
と前日の協賛開催の
7/3(土)岡山吹屋歴史街道ウルトラマラニック75Km(実際は70Km)、
に参加してきました。

今回2日間はマラニックという事で、時間計測も順位もなく、
スタート、ゴールも明確な区切りは無かったです。

特に2日目の吹屋マラニックは、グループ分けして、
グループ毎で吹屋の街を観光しながら、
ペースを合わせて走ると云った、練習会雰囲気でしたね。

最初からそういう認識でいたら、たまにはこういう大会も面白いと思います。
でも色んな考え方があると思うので、賛同する、しないは、
人によって異なるかもしれません。

ちなみに私は、楽しむ為に参加したので、今回の大会運営内容は賛同します。

さて、ここからが本番、

前日7/3のウルトラマラニックは、
岡山北区 最上稲荷から吉備高原、高梁、成羽、を経由し、
吹屋をゴールとする約70Km、全体的にアップダウンのキツイコースです。

当日は、あいにくの雨模様。
なので、デジカメは持って走らず、途中写真は残念ながら撮ってないです。

スタートして最上稲荷を参加者全員で参拝。
あとは各々マイペースでスタートしていきます。

まずは岡山空港へ向かう上り。

一応、自分的に全体通してキロ6分〜6分半のノンビリ、
普通のウルトラペースを予定してましたが、

スタートしてから、いきなり先頭へ・・・
そんな速いペースかなと思ってましたが、そうでもなく、
結果的に他の人達が更にノンビリペースだったみたいです。

高梁までは一度試走してたので、コースの感覚、ペース配分等、
何の不安もなく走れました。

空港を抜け吉備高原へは、アップダウンしながら上っていきます。
道は歩道を走りますが、石とか木とかが落ちていて、
しかも雨水も流れ込んでいて、ちょっと走りにくかったですが、
これも想定内。

吉備高原へ入って、25Km地点で第一エイド。

一応お金と大福2個程度持って走ってましたが、
雨だったんで、ここまで給水も必要ありませんでした。

ここでアンパン、バナナの給食と、スポーツドリンクの給水をして、
高梁に向かいます。

ここでもアップダウンを繰り返し上ってく感じです。

途中から追いつかれてこられた、岡山の”どこちゃん”と
以降ずっと一緒に走らせてもらったんですが、
ここの単調な区間、お喋りしながら楽しく走る事ができました。

そして、40Km地点くらいから、高梁へ向かってやっと下りだす。
下りは苦手ながらも、途中スタッフの方やTV局の人の応援を受け、
気持ち良く下っていけました。

高梁への最後のループ橋の激下りも、ここで膝壊したら、
あと走れんようになるしと思いながら無理せず、
でも足が止まらないので、なるがまま下って行きました。

残念ながらガスがかかってたんで、ここからの眺めを楽しみにしてましたが、
今日は今一つだったですね。

高梁の約45Km地点高梁総合文化会館について二度目のエイド。
本来は途中5Km毎で給水があったと思ってましたが、
設営が間に合ってなかったみたいです。

ここでも、アンパン、バナナの給食と、スポーツドリンクの給水。
あと、TVのインタビューを受け、再スタート。

ここからは、試走もしていない未知のコース、といっても車では何度も
通った事のある道なんで、あんまり気にはしてなかった・・・
のが失敗でした。

今回雨だったので、事前にもらってた地図を持って走らず、
一応だいたいのコースは頭に入れてたつもりでしたが・・・

結局、ここから道迷いと間違いの連発でした。

高梁を再スタートしていきなり、方向感覚だけど走って、
コースの矢印を見失い、国道180号にでればいいわと高を括ってましたが、
伯備線の線路に阻まれ、向こうへ行けない・・・

結局、線路をちょっと戻って天満屋のところの踏み切りでやっと渡れました。

以降、天気予報通り昼頃から強雨へ。
高梁川も成羽川も濁流となってました。

その成羽川に沿って、近世山陽道の対岸、車があんまり通らなそうな
細い道を通って成羽へ。

天気が良い時は木陰で走ってて気持ちよさそうな道ですが、
この荒天の時は、増水とか土砂崩れとか大丈夫かなっと
思いながら走ってました。
しかもなんか緊急サイレンみたいなのが鳴ってるし・・・
(あとでニュースみてたら同じ高梁で土砂崩れもあったみたいで、
ちょっとぞーっとしましたね。)

成羽に入って、ここも街中は複雑なコース、何とか矢印を目印に走りましたが、
ここでも矢印を見落とす事に・・・

確かどっかで曲がって橋を渡るはずとだけ覚えてたんで、
野生のカンで、この橋しかないと思いこみ近くに見えた橋を渡る事に。

って、その先の橋はだいぶ向こうだったので、結局この橋しかかなったんですが、
結果的に合ってたみたいで、再び矢印を見つける事ができ、
ここから吹屋へ上がっていく、最大の難所の激坂が待ち構えてました。

ここまでもエイドが間に合って無かったみたいです。
と云うより最後まで無かったんですが・・・

途中自販機で飲み物を確保しようかとも思いましたが、
幸いの雨で結局必要無かったですね。

これが炎天下なら死んでました・・・

そして、ついに吹屋へ向かう激坂へ。

ここまで気持ち良く走ってこれてたのに、
この坂はさすがにきつかったです。

と云うか今までアップダウンはさほど気にならないくらい、
印象に残り坂でした。

レースでもないんできつかったら歩けばいい、
それがマラニックなんですが、
個人的にはウルトラの練習のつもりで走ってるので、
勝手に走りきってやるって思い、ここは頑張りました。

長い坂でした。

やっと下り出して、ほっと一息つきだしたところで、
“はっぴーず”の”カサさん”が応援に。
奥様も車の中に居られた模様ですが、気づきませんでした。すみません。

走ってても誰も見当たらない区間だったので、ちょっと元気に!
本当ありがとうございまいした。

元仲田邸(ここは本日の宿泊場所)を過ぎると、ゴールまであと6Km。
宇治町に入り、残り5Km地点、多分笹尾集会場で、
おばあさんが、備中宇治茶の新茶をごちそうしてくれました。

フー、ここでやっと給水。。。
美味しかったでござる。

残りは、徐々に細い道を上るだけ。

隣に流れる小川は濁流状態で、ちょっと氾濫しそうで圧迫感を感じました。

しかも、山水が滝のように坂道を流れてくるので、
水の中を走ってる感じでしたね。

やっと吹屋の街に入って、観光客もちらほら。
あと1Kmの看板を見て、やっとゴールだーーーと思いながら、
走っても、走ってもいつまで経ってもゴールのラフォーレ吹屋
らしき建物が見えず・・・

走り続けてると、なんか吹屋の街並みも無くなり、
辺りも寂しくなってきました。
ちょっと不安ながらも、そば屋さんを発見。

ラフォーレへの道を尋ねると、この先を曲がって行けば着くよだって。
確かに、ラフォーレへの看板を発見。

が、ここにきて、再び泣きそうなくらいの坂、
そんなに長い坂ではなかったですが、
さすがにここまで来ての、この坂はきつかった。

下り出してすぐ、ラフォーレが見えてきました。

ゴール! でも、ゴールらしきゴールが無く・・・
そのまま荷物保管の建物の中へ誘導されちゃいました。

到着時間15時くらい、7時間13分/70Km(手元の時計)のゴール
でした。

そしてすぐ、”どこちゃん”もゴール。
全然後ろ見えなかったのにな〜と思ってましたが、
どうも、私はコースをだいぶ大回りしてゴールした感じです。

後からコースチェック、結局、吹屋の街中で、本来曲がるところを
直進したみたいで・・・
確かここは、ちょうど観光客が多かったところで、
どうも矢印に気付かなかったみたいです。

ここ曲がっとけば、すぐゴールじゃんと思いましたが・・・

萩往還とかでも経験ありますが、矢印は、道の片方にしかなくって、
たまに矢印の書いてある反対側を走ってて矢印を見落とす事があるんですよね。
まーこれがマラニックの醍醐味かな?

まだ誰もゴールして無かったので、ラフォーレのお風呂をどこちゃんと
貸切で入れました。

さすがに足の裏はふやけてぶびょぶにょでしたね。

結局、エイドは2ケ所で、給水1ケ所だったけど、
雨だったため、これで十分対応できました。

宿は、ラフォーレじゃなかったので着替えて、
食事の時間までロビーで仮眠。

続々とランナー達がゴールしてきてました。

夕食は、ラフォーレの豪華メニューでしした。

1007031.jpg

今回、ウルトラマラニックを走って1泊2食付き、
しかも親睦会(ビンゴゲームもあるよ)で500円分の食事券付いて、
参加費13,000円はむっちゃお得!
しかも次の日のマラニックは、ウルトラと連続参加の場合半額で1,500円。
昼食付き。

宿もいいし(雑魚寝だけど)。
ちょっと病みつきになりそうな大会です。

夜の親睦会では、色んなランナーの方や地元の方々とのふれあいも
良かったです。
”吹屋ふるさと村”の村長からはじきじきに生ビールを
おごっちゃって頂きましたし。
一応、1位だったからのお祝いだったみたいですが・・・
(順位ないのに・・・)
ラッキー。

山西先生とかいちゃんのマラニックのお話。
ためになりますね〜。

それから、地元の親父バンドの演奏も最高。
ただ、ちょっと年齢層といい、構成といい、選曲といい、
我がバンドとカブってましたね。

おっと、ここで、誰もやってない射的発見、
やはりこれも、何かの出し物なのか???

”西ももさん”と、射的の的のアンティーックな、
酢こんぶで盛り上がっちゃいました。

1007033.jpg

それにしても、楽しい時間でした。

が、今夜は、まだまだ夜が長くなりそうです・・・

A:夜会〜マラニック編に続く・・・
posted by はっちん at 20:49| Comment(0) | マラソン・レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。